黒川の住まい
 既存駐車場4台分の敷地に計画している、単身者のための専用住宅.2面道路の角地で、かつ狭小な敷地である.この敷地で、通過交通や歩行者からの視線や音を遮断しようとすると、すぐに閉鎖的な住宅になってしまうが、開口部のサイズ、高さ、外壁をズラしたり軒を深くかけたりすることで、できるだけ開放性を保ちながら、室内の静かさ、内向性も確保している.専用住宅であり住み主はここで商売はしないが、壁面のズレで生まれたそこここの外部空間に基礎を利用したベンチを設え、外部活動により地域に参加する空間的工夫を仕掛けている(2020.3)


敷地 栃木県鹿沼市
規模・構造 木造2階建て
延床面積 -
総工費 -
竣工年月 2020年予定


基本設計模型検討(20'.3.1)