2022.12.29


12/11に開催された北小見学会、
朝日新聞朝刊の記事を文化課のKさんが送ってくださった。

現役校舎であることを“奇跡的”と言ったのは確かに僕だったが
突然空から降ってきた奇跡ではなく
生徒や先生そして近傍の方々による、連綿な校舎の営繕という土から育つような奇跡を言いたかった。

続きを読む →

2022.12.19


安芸市、土居廓中を行く.
三角部分の外壁は、雨水を帰す縦羽目板と、奥にある防火と風止めの土壁の二重構え、

縦羽目板は交換可能なように瓦と透かしで取り合うので余分な線が出ず
三角の家形がより強調されるから、ケラバの印象がより強く残る

続きを読む →

2022.11.29


フィクションであるはずの水槽の奥その向こうに本物の外があり、
あれれ、のぞくこちらがフィクションなのか、
なかがわ水遊園の展示の強さは、この鑑賞・被鑑賞の関係のゆらぎに因るところ大きい
続きを読む →

2022.11.28



鹿沼まるごと博物館構想における第8回企画展「学校誕生」の特別イベントとして「北小見学会」が開かれます。
昭和戦前建築から戦後、昭和、平成、令和といまも現役木造小学校である同校の見学ツアー、
鹿沼史談会の福田純一さんとタッグを組んで渡邉が講師をつとめます。
続きを読む →

2022.11.24


なかがわ水遊園・おもしろ魚館(古市徹雄都市建築研究所+佐藤総合計画/2001)は
自宅から1時間ほどの近場でありながらこれまで未経験でずっと行きたいとは思っていてようやく来訪、
設計は古市徹雄率いるチームとあって期待していたが実空間はその期待以上で建築も展示もとても良かった.

展示は淡水魚を中心にしたあまり馴染みのなかったがユニークで個性的、
建築は鉄、ガラス、コンクリートによるゴリゴリで骨太、
そのどちらも負けないぞというジリジリとした等価な対峙の様が
頼もしい空間、そこにい尽くしたいという気持ちを起こさせる.

それ以上に気に留まったのは、ぐるりとした終点のない動線である.
正面のアプローチスロープからエントランス、受付、展示空間を経て再び外部スロープ、
そこから屋上デッキ、デッキからは北関東の美しい風景に目が導かれ動線が消えていく、
その道中に大きなハイライトがないのだが、そのハイライトのなさが、それを大きく助長している.
彼のいう「走向自然」がこの動線体験で体感できる.
続きを読む →

2022.9.19


きっかけは2つ、まず
恩師の大学退官に伴い引き取った500冊。もう一つは鹿沼の、亡くなられたとある建築家の家族から引き受けた、彼が収集した1,000冊。
しばらく自宅倉庫に眠ったままだったこれらを公開するための、図書館兼2つめのスタジオを鹿沼銀座につくります。
続きを読む →

2022.8.16


日枝神社(鹿沼市板荷)の境内にある湧水池、
続きを読む →

2022.8.15





建築設計室わたなべは16日まで夏季休暇中です、
続きを読む →

2022.7.28



農家住宅の不時着/群馬県前橋市が『新建築住宅特集 2022年8月号』に掲載され、プロジェクト動画も公開されました!

建築設計室わたなべは2021年2月から設計チームに参加、改修工事が始まった同年8月からは週一ペースで現場に通い
今年2022年初夏に竣工を迎えた渾身(!)のプロジェクトです。

新建築.ONLINE
https://shinkenchiku.online/movie/5624/
続きを読む →

2022.5.2


事務所隣室のシェアキッチンMadoのクローズに伴う内装解体中、

暫定的に、建築設計室わたなべのライブラリーとしてオープンします.

建築設計室わたなべの、日常的によく開く蔵書が、解体で発生する木材やコンクリートブロックを転用した什器に並びます.

解体は進行中なので、それに伴いインテリアも日々更新します、それに反応して蔵書も入れ替わります.

ぜひ遊びに来てください.

続きを読む →

2022.4.11


建築設計室わたなべの皆で、坂の上スタジオで花見.皆、日々お疲れさまです
続きを読む →

2022.4.10


こんなにも春なので、出掛けずにはいられない
続きを読む →

2022.4.1


文化庁の文化財調査官一氏、県文化財保護課から二氏が来鹿、国登録有形文化財を希望する2件の建築物を案内する.
この機会は鹿沼市文化課の熱心で僕よりも若いHさんとKさんが企画してくれた.
続きを読む →

2022.3.16


西鹿沼町の昭和期建築の貸家を、カフェを複合したデイサービス施設にコンバージョンするプロジェクトが進行中、
続きを読む →

2021.11.13


依頼は住宅設計だが、まずは彼らの日常生活の様子を感じたく、町を案内してもらったのは、とても良い機会になったと思う.
続きを読む →

2021.11.4


旧粟野中学校、5年ぶりほどの訪問、 そこここがだいぶくたびれているが、乏しいながらも大きく、強くつくろうとした昭和20年代先人のアイディアに満ちた建築に多く気付ける. 
続きを読む →

2021.9.16


 
歴史ある建築デザイン賞であるSD REVIEW 2021に入選しました.
 
この度、下記の通りプロジェクトの模型、ドローイング、図面が展示されます。
ぜひ、ご覧ください!
 

会期| 2021年9月18日(土)~9月26日(日)会期中無休 11:00-19:00(最終日は16:00まで)  土日のみ予約制|

https://sd-review-2021.peatix.com  

 会場| ヒルサイドテラスF棟 ヒルサイドフォーラム 東京都渋谷区猿楽町18-8 

 

 
続きを読む →

月別アーカイブ